2013.05.22 Wednesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2013.05.22 Wednesday

    千年万年りんごの子(2)感想

    0
      千年万年りんごの子(2) (KCx(ITAN))
      千年万年りんごの子(2) (KCx(ITAN))

      「千年万年りんごの子」の二巻が出てました。
      一巻では物語の始まりとして、作品全体のじわじわとこわーい感じを特に味わった感じでしたが、
      二巻めはぐっとスピード感が出てきてわくわくする展開でした。
      --------------------

      “君を 誰にも渡さない!”

      2巻でなにに一番ぐっときたかって雪之丞の汗ですよ!
      雪之丞は出自のことがあってか、自分の身に起こることも他人事というか、なんだかいつもちょっとぼんやり・意識にちょっと膜が張っているような印象だったのですが、朝日を渡すまいと必死になっていくうちにどんどん感情を出していくんですよね。
      雪之丞の朝日への思いが特別なのは一巻めから明らかでしたが、それは最初は穏やかなもので、しかし朝日を失ってしまうかもしれないと知ってから、だんだん激しい思いに変わっていく。
      呪い(といっていいのか分からないですが)の影響でどんどん変化していく朝日の様子に合わせて、雪之丞が焦っていく様子がよく伝わってくるのですが、そのギリギリと締め上げられていくような精神状態をブチッと引きちぎって出てきたこのセリフ!
      そのギリギリの状態で、雪之丞の中で大きくなった思いはこれなんだなあ・・・と思うと胸が熱くなりました。

      そしてそうやって目を覚ました雪之丞に、今まで見えなかったものが見えるようになっていくのもよかったですね。
      家族に隠せていると思っていたことが実はお見通しで、少しひねくれたような思いすら、実は見抜かれていたし見守られていた。恥ずかしいかもしれないけど、それでもすごくうれしそうで、いい場面でした。
      そして雪之丞が喜びを感じる場面があればあるほど、その核になっている朝日の存在が頭にちらつきます。
      どんどん失いたくなくなっていくのに、どんどん嫁入りの日は近づいていく。
      ああ話が加速していきますねえ。


      もうとにかく雪之丞を応援したくなってきました。
      私も雪之丞と一緒に物語の最後を見たい。がんばれ雪之丞。

      2013.04.30 Tuesday

      「夏空のモノローグ」キャラ別感想―木野瀬・加賀・沢野井

      0
        夏空のモノローグ Portable (通常版)
        夏空のモノローグ Portable (通常版)

        夏空はプレイ始めから、するする読める文章が好印象だし、科学部のみんなでワイワイやっている様子も楽しいと感じました。青春恋愛ものの爽やかさがとてもイイ!
        主人公と攻略キャラの距離が縮まっていく様子も、二人が乗り越えなくてはいけないことの描き方も丁寧です。登場人物たちが背負っている問題も、ゲーム全体から見てバランスがいいのではないかと思いました。
        どのルートでもじわーっと泣けてきて、時にはボロボロ泣いて忙しかった。

        登場人物の真っ直ぐさ・悩んでいる様子・願うこと・祈っていること。
        みんな控えめというか、自分のことより他人を優先させるところがあるので、その優しさがすごく切なかったです。不器用な子ばっかり・・・(涙)ほんと、科学部メンバー、みんな大好きです。みんな幸せになれよ、と思います。


        以下キャラ別に感想。※ネタバレ!

        >木野瀬
        木野瀬とカガハルのルートは一番乙ゲーっぽいなーと思いました。
        そして私はどっちかというと木ノ瀬のキャラ+ルートに萌え。
        自分のせいで葵が記憶を失ってしまった、という罪の意識と、片思いのまま終わりきれない、葵への思い。記憶を失って改めて葵に出会い、改めて惹かれていく様子。
        プレイをし始めたころはハッピーエンド的に葵の記憶は戻るのだろうと思っていたので、記憶は戻らない上で新しく関係を結んでいく流れに少し驚きました。
        でも普通はなくなってしまったものは元に戻らないんですよね。
        夏空のタイムループで得られるものは基本的に本当に単純に「時間」だけなんだな、と思いました。(人の命を救える可能性もありますが、あれは例外かなと)
        葵の記憶は戻らない。木野瀬も葵も、木野瀬が好きだったのは記憶をなくす前の葵だと思って苦しむわけですが、タイムループで時間を得ることによってお互いに「葵は葵なんだ」ということに気付く(実感がわく)ことができたんですね。葵が木ノ瀬を好きになることで、昔の自分と今の自分をイコールで結んだ場面は、見ていて胸がいっぱいになりました。

        >カガハル
        乙ゲーっぽいルートその2。
        他のキャラクターに比べるとほんと普通に乙ゲー、という感じでした。
        カガハルにもう一度夢に向き合うように(無意識に)後押しした葵。
        カガハルはそれからずっと葵のことを想っていて、再開してからずっと「好きだ」と言ってきたわけですが、いつも葵が冗談にとっていたそれらの言葉が一度も冗談ではなかった、というところにもう・・・!
        本当に、何一つ惜しむことなく伝えてきたんだなあと思うと、その真っ直ぐさに切なくすらなります。
        そして葵とカガハルのことではないですが、カガハルが留学のことで悩んでいた時先生がカガハルに「その涙が答えじゃないのか」といった時、なんだか目からウロコ、という感じで、ちょっと感動的ですらありました。さすが先生。
        そして話は変わるのですが、「glee」でウィルがフィンに「僕は君の人前で涙を隠さない強さを尊敬する」だったかな、そういうセリフを言ったシーンに共感したことがあったのですが、カガハルにも同じことを感じました。
        弱さを隠さないところが強いなあ、と。

        >沢野井
        部長は父親の話を聞いてからすぐに「じゃあ今までのルートでは・・・」と思ってもう・・・。
        木野瀬もそうですが夏空は攻略する度にそのキャラクターに後ろ髪を引かれる思いでつらいのですが・・・!
        攻略キャラ全員が恋戦記のあの人みたいじゃないですか・・・!
        しかし父親のことに関して、極端に言うと「命を救う・救わない」の二択になってしまうじゃないですか。
        もう、これ、なんてことだろうと思いますね。これを選ぶの!?と思います。
        選ぶのは沢野井ですが、夏空のモノローグは主人公・攻略キャラ関係なく感情移入しながらプレイしていたので、なんだかすごくつらかった。「命を救う・救わない」と同時に「救うことが正しい・正しくない」という判断も出てくるので、それを考えるとまだ気持ちも収まりますが(決まっている生死を変えるっていうのはやはりタブーだと感じます)しんどい選択だったよなあ、と。
        と、人の生死のことでいっぱいいっぱいになってしまいましたが、科学部の運命を変えてしまうこと・葵との関係のことに関しても、選ばなくてはならないわけで。
        でもなんだろうなー、私は沢野井がどんな選択肢を選んでもそれが正しいか間違えかなんて言えない気がしました。生死を変えることはタブーでは、と書いたけど、それでも沢野井が選ぶ答えはどれも正解なんじゃないかなーと思ってしまう。
        そして部長が科学部を作るまでの話。
        部長の不器用さとひたむきさ、孤独な様子にまー泣きました。
        誰かと繋がりたい、と願う気持ちは共感できすぎてつらい。

        Calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        PR
        Selected Entries
        Archives
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM